あの楽天モバイル使ってみた!速度や料金は実際どうなの?

楽天の格安スマホの料金プランと解約について

楽天モバイルの料金プランには、どのようなものがあるのでしょうか。現在お客様がご利用中の携帯・スマホの料金と比べて、どれくらいの金額を現在のスマホ代から抑えられるかご確認しながら、お読み下さい。では、料金プランを見ていきましょう。

楽天モバイルの料金プランと初期費用

楽天モバイルの料金プランは、SIMカードの種類ってデータ通信しかできないものと音声通話もできる二つの種類があるんです。070/080/090番号を使う場合には、音声SIMを選ぶことになるので、今まで使っていた携帯電話と同じように使いたい場合には、データ通信専用SIMではダメで音声通話機能付きSIMを選ぶ必要があるんです。音声通話SIMの料金プランは、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円、20GBプランで4,750円、30GBプランで6,150円です。

データ通信専用SIMの月額費用は、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円、20GBプランで4,050円、30GBプランで5,450円となっています。

プランの内、ベーシックプランは、200Kbpsの低速通信だけ使い放題になるプランで、その他のプランは、DocomoのLTEとよばれている262.5Mbpsの高速回線が利用できるプランになっています。端末代は別ですが、初期費用は一律3240円のみとなっています。

契約縛り

楽天モバイルの最低利用期間と違約金、これは事前に把握しておきましょう。データ通信専用SIMを利用する場合は、最低利用期間は特に決まられていません。つまり、いつ解約しても余分な手数料は必要ないということです。一方、通話SIMには利用期間が設けられており、最低でも12ヶ月となっています。もしも、12ヶ月以内に解約してしまうと、9,800円の違約金がかかりますので、ご注意ください。キャリアとの差別化として、縛り期間が自動更新されませんので、最初の1年間さえ解約しなければ、その後はいつでも解約できるのはありがたいですね。

楽天mobileの気になるポイント

格安SIMや格安スマホサービスがある楽天モバイルは、MVNOの一つです。大手3キャリアからの乗り換えなら、スマートフォンにかかる月々の金額をかなり抑えることができます。毎月1,250円の使用料で利用できる格安SIMが注目を浴びています。楽天モバイルはNTTドコモから回線を借りているので、気になる通話の音質・電波状況・そのほか回線に関する品質などは、全て、NTTドコモのスマホと変わらないため安心です。さらに嬉しいのは、楽天モバイル契約中は、楽天市場で買い物して獲得したポイントが2倍になるという魅力的な特典があることです。さて、いきましょう!楽天モバイルの評判から速度まで、まとめてみました。ぜひ、楽しんで頂ければと思います。

docomo回線を使ったMVNO

楽天モバイルの通信回線は日本最大手のNTTドコモと提携しているってご存知ですか。NTTドコモの回線を利用しているという事は、通話品質もNTTドコモと同じという事で、通信エリアもNTT docomoと同じであるため国内の広範囲で利用することができます。docomoのスマホならば、ほとんどの機種で楽天モバイルに対応しています。当然、楽天モバイルでセット販売がされているスマホを購入し、使用することもでします。ドコモのスマホが手元にあるなら、楽天モバイルでSIMカードだけを契約すれば、今までどおり使えますし、新規にスマートフォンを購入せずに済むので、大変魅力的ですよね。つまり、楽天モバイルは、信頼のあるドコモの回線をそのまま使って値段だけ安くできるお得なサービスということです。

格安スマホが豊富

楽天モバイルの契約をするにあたって対応する端末をお持ちでない場合、新たに対応端末を購入することが必要です。楽天モバイル対応のスマートフォンは楽天モバイルで買うことができ、かなりの種類があり、他のMVNOと比べても豊富なラインナップとなっています。スマートフォンでは画面が小さいという方も,楽天モバイルではたくさんの種類のタブレットも買うことができますので、満足の行く端末が見つかると思います。一点だけ注意してほしいのは、端末代金の割賦契約は楽天カードでしか対応しておりません。楽天カードをお持ちでない場合、端末代の支払い方法は、セット販売を申し込んだ後に一括払いでということになります。しかしながら、MVNOの中では端末の種類が最多であり、選ぶ幅が広いという点は、楽天モバイルの最大の魅力であるといえます。

容量の翌月繰越し対応

通信データの容量はプランごとに異なりますが、あまり利用しなかった月は、データ容量が余ってしまうことが考えられます。そういった場合に楽天モバイルでは、データ容量の繰り越しをすることが可能なのです。MVNOの中には、データの次月持越しに対応していないものもあるため、繰越しに対応しているということは、楽天モバイルの長所の一つともいえます。繰越しサービスがあれば、データ通信料も無駄なく使えてお得感がありますね。

通話料がオトクな、楽天でんわ

楽天モバイルの「楽天でんわ」は通常の通話料金がなんと半額にもなるお得なサービスです。この通話サービスは「プレフィックス型」を採用していて、IP電話とは異なり通常の電話回線を使用しますので、発信者番号は通知されるようになっています。相手側に通知される電話番号は、もちろんいつも使っている電話番号です。相手には、電話サービスを変えたことは気づかれません。IP電話のほとんどは、発信者番号が通知されなかったり、050の番号が相手に表示されるので、使い勝手の面では「プレフィックス型」に劣るのは否めません。この点、楽天でんわの先進性がご理解いただけると思います。楽天でんわでの通話料金は、利用分も楽天ポイントとして貯まりますので、お得感が倍増ですね。電話カケ放題のオプションも始まりました。

5分かけ放題オプション開始。

NTTドコモ、Softbank、auなどの大手携帯キャリアでは、それぞれが通話し放題プランを提供していますが、多くのMVNOは、かけ放題の対応が遅れているのが事実です。格安スマホに心が動いているが、結局自分みたいに通話回数が多ければ料金が高くなってしまうのでは、と心配される方もいらっしゃるでしょう。早速、改善に踏み切ったのが楽天モバイルです。楽天モバイルでは、国内通話が最初の5分間は何回でも無料というオプションを、月々850円の料金で提供開始です。5分以内なら通話し放題のオプションは、大手携帯電話会社と同じ通常の電話回線を利用するため、楽天でんわと同じく、発信者の番号が通知できるので、いつもと変わらない、話し放題の電話を楽しめるのが、醍醐味です。NifMoの通話し放題サービスでは、電話をかけた側の電話番号が表示されないことが多いと言われています。従来の「楽天でんわ」では、通常1分間に21.6円の通話料が必要でしたので、目安としては、月1時間以上話す方にお勧めのオプションですね。

到着月は無料なのも嬉しい

SIMを楽天モバイルで契約をすると、初回月の月額料金がなんとタダになります。無料になる最初の一か月とはSIMカード届いた日の月のことです。SIMが月初めに届けば、30日間無料ということなのです。ただし、今、使っているスマホの更新月によっては、解約手数料の支払いが発生する場合があるので、絶対に月初待つのがお得だとは言い切れません。

回線速度について

楽天モバイルでは、NTTドコモの通信回線を採用。225Mbpsの高速通信を実現しています。通信速度に関しては、利用する回線はdocomoが使っているものと同じ回線なので、安定した通信状態を保つことができます。格安なのにdocomoと同じ回線が使えるということが、楽天モバイルの強みとなりそうです。これから、MVNO・格安スマホと言ったサービスが更に広がっていきそうですね。

楽天モバイルの帯域制限

どのMVNOでも変わりませんが、利用する方たちが公平に使用できるために、一定のデータ量を超えて使用している者に対しては速度制限を行っていました。具体的には3日あたりの通信容量が、定められたデータ容量を超えた人に対して、データ通信速度を遅くされてしまいましたが、72時間制限が撤廃されたのです!要するに、楽天の格安SIMにおいては、どの程度、データ通信を消費したか心配する必要はありませんので、ご安心を!

楽天モバイルのキャンペーンの詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)