格安SIMのmineo(マイネオ)の評判まとめ。速度や金額はどうなの?

mineoのユニークポイント

mimneoはdocomoとauがそのまま利用できるケイ・オプティコムの格安SIM格安スマホサービスで、MVNOのひとつです。スマホをキャリアからmineoに乗り換えると、月々のスマホの料金がかなり安くなります。月々1310円で利用可能な格安SIM格安スマホサービスがあるのは、mineoです。mineoはau回線に続いてNTT docomoの回線にも対応する国内初のマルチキャリアMVNOとなり、docomoとAUの回線プランを選択できるので人気です。大手キャリアとエリアや通話品質が一緒なのは、使う側にとっては非常にありがたいことです。mineo?という方の為に、mineoのすべてを網羅したまとめになりますので、話題のmineoについて、ご理解頂けるかと思います。

docomoとdocomo・AU回線網を使った格安スマホ

docomo回線・au回線両者のプランを通じて利用できるのがmineoの特徴です。通話も高音質でキャリアとほとんど変わりませんし、電波の届くエリアも同じです。その上、docomo回線とAU回線を使っているのでdocomo、AUのスマホがそのまま使えるので、新しいスマートフォンを買わなくてはいけない、ということはありません。新しくスマホを買い替えずに済むので、余計なお金がかかりません。新しい端末が欲しい場合は、mineoで買えるSIMフリーの端末もあります。ドコモとauの回線は両方とも安定していますから、docomo回線とAU回線の好きな方を選択することができます。選ぶ際には、好きな方ということもそうですが月額料金の違いも見比べて検討してみてください。

VoLTE(ボルテ)専用プランあり

VoLTE対応プランがあることで話題となったのが、mineoです。このVoLTEというものは、以前の通話音声よりも格段に音質が改善された、最新の通話方式の名称となっています。VoLTEが登場する前の通話方式では、拾える音の周波数は、300Hzから3.4kHzの範囲でした。VoLTEでは、拾える音の周波数の範囲が広がり、50Hzから7kHzという広範囲になりました。今までと比べ、とてもクリアで聞き取りやすい通話が実現しました。この通話音声の向上は、mineoのメリットの一つにもなっています。

データ量くりこしに対応している

なお、mineoは、高速通信容量の翌月繰越しにも対応しており、月によって使用するデータ量がまちまちという方にも、無駄なく安心して使用することができるのはとても嬉しいことです。

mineoアプリで通信量を節約!

また、mineoスイッチという便利な機能があり、通信速度を高速または低速に変更することができます。使用するデータ量が節約できるので、便利ですね。このmineoのスイッチとWi-Fiとを状況に応じて使い分けることで、さらに低額なデータ通信プランを実現することも可能になります。携帯代節約に大きく味方してくれることでしょう。

mineoの通信スピード

ここではmineoのデータ通信速度について紹介していきます。ドコモプラン(Dプラン)で使用しているのは回線速度225MpsのLTE回線ですし、AU回線利用でAプランでもLTE回線で225Mbpsになります。回線が混んでいる時は速度が落ちるということがよく言われていますが、キャリア契約の回線の方が通信速度は上なのです。混雑する時間帯ほど自分だって通信したい時間帯なので、こうした時間帯に高速で安定した通信がしたいなら、キャリア回線を契約することをお勧めします。それでもなお利用料金が安いことを思えば、mineo等の格安スマホは優れたサービスといってよいでしょう。

mineo Aプランの通信制限に関して

mineoは、どのユーザーも同じように通信できる環境を確保するため、データ通信量が多すぎる利用者には、速度制限を適応しています。直近3日間のデータ通信の利用容量によってなされるもので、設定容量を超えたユーザーには、通信速度を低めに制限する措置の対象になります。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量が決められた容量を下回れば、自動的に速度制限の処置は解除されます。動画を大量に観るなどしなければ、あまりひっかかることはないですね。mineoでは、料金プランごとの規定値は規定されていないようで、Aプランは、各プランともに、直近3日で3GBが規定値に設定されています。

マイネオ Dプラン速度制御

嬉しいことにmineoのドコモプラン(Dプラン)では、直近3日間の通信量に応じて速度規制がかかる仕組みを取っていません。毎日の通信量に大きな波があることが事前に予測できる場合は、AU回線プランを選択するよりも、Dプランの方が、速度規制にかかる心配が少なくなるでしょう。プラン選びの参考にしていただければと思います。

mineo月額と解約について

mineoの料金プランや速度について、解説していきます。現在お使いのキャリアの月々の料金と比べてみたときに、どれくらい携帯料金を抑えることが可能になるのか、キャリア選びの参考になれば幸いです。それでは、mineoの料金プランを見てみましょう。

mineoの月額プラン

mineoの料金プランに関しては、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMで分かれています。音声通話が出来るSIMは、電話番号の最初の3桁が、070/080/090/の番号になりますので、今使っているスマホと同じような使い方をしたい場合は、データ通信しかできないSIMを絶対に選ばないよう気をつけましょう。音声SIMの料金プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データ専用SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっています。

mineoの解約手数料について

mineoのMNP転出手数料について、解説していきます。mineoは最低利用期間を設けておらず、解約にも違約金がかからないので、解約違約金の掛からないMVNOです。使用期間の縛りを気にせず、格安SIMを試せることは、これならば、お試しで使うことが出来ます。12カ月以内に他社にMNPで転出した場合だけは、転出料として12,420円が請求されます。音声通話SIMを使う方は、注意する必要があります。

mineoのキャンペーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)