話題のIIJmioの通信速度や料金などの評判をまとめてみた

IIJmio口コミまとめ

IIJmioの強みはなんといっても、MVNOの中でも老舗であるという信頼度と、お客様に支持されるサポートの充実度にあります。さらに格安SIMアワードの総合部門最優秀賞を受賞していて、ユーザーからも信頼されているという事が言えます。Webサイトでの詳しい説明や、電話でのサポートも万全なので、初めて格安スマホを使う方にとっても、格安スマホデビューするMVNOとしておすすめできる理由となります。

速度も速く、サポートもしっかりしているのが、人気の理由

IIJmioって何だろうとグルって見ると、通信速度が安定していることとサポートが手厚いことが好評を博しているようです。イードが実施している格安スマホアワードの結果からもわかるように、総合部門で最優秀賞を受賞しました。以上のことからIIJmioはMVNOの中でもかなり優れているものと言えます。また、数あるMVNOの中でも、ブランド力と信頼性という強い魅力を持ったMVNOであると言えるでしょう。何よりユーザーから口コミで高い評価を受けているMVNOなので、格安スマホに乗り換えを検討している方には、問題なく安心して選ぶことのできるMVNOの一つと言えるでしょう。

IIJmioの通信スピード

多くのMVNOの中でのみおふぉんの特徴としては、262.5MbqsのLTE回線を使用したdocomoの価格が自慢のサービスです。つながる範囲や回線スピードには、docomoの回線ならではの信頼感があります。通信速度が高速で安定感があるIIJmioは、口コミサイトの評価を見ても、かなり人気の高いMVNOであるように見受けられます。実際の通信速度が速くコストパフォーマンスの高いものを求めている方には、やはりその点を評価されているIIJmioがいちばんいいと思われます。

みおふぉんの3日間制限

みおふぉんは、低速通信使用の時は、72時間のデーター量によって、速度に制限がかかる時があります。しかし、高速通信を利用していれば、3日間の速度制限の対象からは外れますので心配はありません。契約者が同じ条件で利用できるよう、何度もたくさんデータを送受信される方の通信スピードを規制させていただいております。直前の3日間に通信したデータの容量に基づき、上限として設定された容量を超えた利用者に対して 、速度を低下させた状態で通信を行わせる仕組みになっています。直前の72時間の通信データ量が一定の値よりも下がり次第、制限は特に手続きの必要もなく解除されます。普通の使用方法を守っている限り、制限に該当するかどうかは、そんなに心配しなくても大丈夫でしょう。

みおふぉん料金プラン

IIJmioの料金体系や通信速度について説明します。現在お使いのキャリアの月々の料金と比べてみたときに、支払額にどのくらいの差があるのか、よく見比べて比較検討の材料にしてみて下さい。 IIJmioの料金プランを見ていきましょう。

料金プラン・初期費用

IIJmioのプランは、今話題の格安SIMは、大きく分けてデータ専用SIMと、音声通話可能SIMがあり、料金も異なります。070・080・090という番号が音声用のSIMで利用できる番号で、従来のスマホと同じ使い方をしたいのであれば、データ通信用SIMではなく、音声通話SIMを選ぶように気をつけてください。通話SIMの月額プランは、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円です。

データSIMの月額費用は、ミニマムスタートプラン(3GB):900円、ライトスタートプラン(5GB):1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB):2,560円となっています。

2年縛りは?

IIJmioの解約縛りと解約手数料、これは事前に把握しておきましょう。IIJmioのデータSIMには最低利用期間がありません。自分の都合によりいつでも解約することができます。解約手数料は無料です。音声通話SIMに関しては、12ヶ月の契約縛りがついています。最低利用期間が経過する前に通話SIMを解約するのであれば、違約金として9,000円支払う必要があるので注意して下さい。大手キャリアは縛り期間が自動更新されてしますが、13か月以降に解約した場合は、違約金が掛からないというメリットがあります。

IIJmioSIMの特徴

「みおふぉん」はインターネットプロバイダの老舗、IIJことインターネットイニシアティブジャパンが提供する格安SIMと格安スマホサービスです。インターネットイニシアティブジャパンは、格安SIMサービスの古参企業の一つであり、格安SIMが始まった頃のユーザーでしたら、一度はIIJmioというサービスを聞いたことがあるでしょう。格安SIMサービスの満足度を調査し表彰する「格安SIMアワード2015」の総合部門で最優秀賞を受賞した実績があります。ブランドイメージや充実した顧客のサポート体制がプラスとなり、受賞に結びついたのでしょう。というわけで、今回は、IIJmioのキャンペーンから評判までを網羅したので、お見逃しなく!

docomo回線網を利用した格安SIM

格安SIMサービスでおなじみのIIJmioは、docomoの回線をつかっています。docomoの回線は業界でも安定した品質を実現しているので、IIJmioも安心して使用でき、電波の繋がりやすさにおいても心配する必要はありません。ドコモの多くのスマートフォンは、IIJmioのスマートフォンとして使えます。もちろん、IIJmioでSIMフリーのスマホと一緒にセットで揃えるプランもあります。もしも現時点でdocomoによるスマホを保有しているなら、SIMカードだけで契約手続きを完了させることができるので、高額な端末代を支払う必要がなくなるので費用が安くなってありがたいですね。そんなIIJmioをざっくり一言でいってしまうと、高品質な通話品質、広いサービスエリアを持つdocomoと同じサービスを格安で受けられる非常にお得な格安スマホ、格安SIMなのだといえるでしょう。

バースト機能があるので、低速通信時も快適

IIJmioは、バースト転送という独自の機能で通信を行っております。ではバースト転送とはいったいどんな機能なのでしょうか?低速通信中に、はじめの数秒だけ高速通信を取り入れることで、 コンテンツが読み込まれる速さを改善するものです。この機能のおかげで、通信が低速なときでもネット利用がスムーズにできるので、ページの表示が遅いといったイライラが減り、より軽快にインターネットを楽しむことができ、この機能は注目を集めているのです。問題点として、この機能は、IIJmioとDMMモバイルのみにしか対応しておりません。

データ通信量の繰り越し対応!

データ通信の容量はご契約のプランごとに異なりますが、データ通信の使用量が少なかった月は、残ってしまうこともあるでしょう。IIJmioの場合は、余った容量を翌月に上乗せして使用できます。MVNOによっては、翌月繰越しに対応していないものもあり、翌月繰り越しができるということは、大変魅力的です。格安スマホだとはいえ、翌月の繰越しシステムを利用して無駄なく使い、さらにお得に使いたいものですね。

二世帯対応!最大10枚!

IIJmioのファミリーシェアなら、SIMカード追加最大枚数は、10枚です。家族みんなのスマホをIIJmioにすれば、今、月々払っている料金から相当の金額が節約できることになります。家族が1人1台は携帯を持つ時代、家族全員の携帯代を考慮すると、非常に大きいコストカットが出来るはずです。このサービスを使って、浮いたお金を何に使うか、家族みんなで話し合うのも楽しいですね。llJimoは、サポートの評価もよく、格安スマホを初めてご利用いただく方も電話サポートで安心です。オプションには、「みまもりパック」があるので、安全性の観点から子どもに持たせてもいいですね。

締切間近のキャンペーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)